インフルエンザの男性とタミフル
インフルエンザが流行する季節は予防接種をする人やマスクをしたりなど対策方法は人それぞれですよね。インフルエンザ治療薬であるタミフルは実は予防にも使えるものであることを知らない方も多いのではないでしょうか?

費用を抑えたいならタミフルジェネリックがおすすめ

インフルエンザの予防、及び治療薬として有名なタミフルのジェネリック医薬品となるオセフルは、タミフルと効果の違いはないにも関わらず、価格に大きな違いがあります。

オセフルはタミフルと同じような効果であり、インフルエンザウイルスが増殖する上で欠かせない酵素であるノイラミニダーゼを阻害する作用を持っています。
主成分として、先発医薬品であるタミフルと同じく、オセルタミビルが含まれています。
よって、A型とB型、両方のインフルエンザに対して作用します。
感染初期のころに摂取すると、治療期間が1日から2日ほど短くなるように、効果が大きいものとなっています。
価格はタミフルに比べ低価格なので、常備薬として購入する人が多くいます。
オセフルは、A型、B型のウイルスに対する効果が認められており、どちらの型からも派生する可能性のある、新型インフルエンザへの効果が期待できる薬となっています。

厚生労働省の指示によって、備蓄も行われている薬品であるタミフルのジェネリック医薬品のため、タミフルと同様の効果が期待できます。
具体的な効果として、インフルエンザに感染した細胞に働きかけ、ウイルスの増殖を阻止する作用があります。
よって、ウイルスの増殖期に摂取できなければ、十分な効果を得ることができないので、インフルエンザ感染初期の時期に用いることが必要となります。
インフルエンザ以外のウイルスに対しては効果がないため、インフルエンザのみではなく、他の病気との複合的な感染が疑われる場合は、他のお薬とともに併用して、病院にて処方されることもあります。

どの薬でも副作用があります。
もちろん、オセフルにも副作用があります。
オセフルの副作用としてあげられるものが、頭痛、腹痛、吐き気等です。
稀に重い副作用として、急性腎不全、肺炎、幻覚、妄想などが起こることもあります。
また、子どもがオセフルを摂取すると、急な激昴をおこす可能性もあります。

ジェネリック医薬品が開発されるようになった経緯

ジェネリック医薬品が開発されるようになった理由としてあげられる、もっとも有力なものが、新薬の価格の高さです。
新薬の開発には長い時間と、多額の費用がかかります。
しかし、ジェネリック医薬品は開発時間が新薬に比べ短くなることで、価格をおさえることができます。
新薬は価格が高くなかなか手を出しづらいものですが、ジェネリック医薬品の登場で、同じ効果を持つにも関わらず手を出しやすいものとなりました。

ジェネリック医薬品が新薬に比べ低価格で販売できる理由は、開発時間の短さがあります。
新薬は開発した会社が20年から25年の間特許をとります。
特許をとると製作会社が、独占的に製造、販売することができます。
そして、特許が切れた後、別の会社が新薬と同じ有効成分を使用し製造するものがジェネリック医薬品です。
普段、新薬は9年から17年ほどの年月がかかります。
しかし、すでに新薬にて有効性や安全性の確認がとられているため、ジェネリック医薬品は3年から5年で開発することができます。
開発期間が短いため、新薬よりもずいぶん低価格で購入することができます。

基本的にジェネリック医薬品は新薬の2割から5割の値段に設定されています。
生活習慣病のお薬など、長い時間飲み続けるようなお薬では、その値段の安さをより実感することができます。
最近では、その値段の安さから病院でもよく処方されるようになりました。
薬局などでも、病院の処方箋にて、新薬の他にジェネリック医薬品が存在すると、ジェネリック医薬品をおすすめされることもあります。
新薬の効果をほとんどそのまま受け継いだジェネリック医薬品は価格の安さから手の出しやすい身近なものとなりました。