インフルエンザの男性とタミフル
インフルエンザが流行する季節は予防接種をする人やマスクをしたりなど対策方法は人それぞれですよね。インフルエンザ治療薬であるタミフルは実は予防にも使えるものであることを知らない方も多いのではないでしょうか?

代表的なインフルエンザの感染経路について

インフルエンザは原因となるウイルスに感染することで発症リスクが発生する病気です。
そのためインフルエンザには、ウイルスに感染するための経路と言うものがあります。
これは感染経路と呼ばれています。
インフルエンザにおける感染経路は、3種類あります。

飛沫感染
これはインフルエンザウイルスに感染している人が、くしゃみや咳などをしたとします。
するとその際には、ウイルスを含んだ飛沫が飛散します。
その飛沫を、ウイルスに感染していない人が鼻や口から吸い込んでしまうことで感染してしまうと言う流れです。
飛沫と言うのは、目に見えない、非常に小さなものです。
そのため知らず知らずの内に吸いこんでしまうと言うことも多く、飛沫感染は爆発的に感染を拡大させることもある経路のひとつです。
接触感染
これはウイルスに感染をしている人が、くしゃみや咳をする際に手のひらで口元を覆ったとします。
そしてそのまま、その手のひらでドアノブを握ったり、物を触れたりします。
それを健康な、ウイルスに感染していない人が触り、その手で目や鼻、口などに触れることでウイルスに感染してしまうと言う経路です。
飛沫同様、ウイルスも目には見えない存在ですから、こちらもやはり知らず知らずの内に感染が拡大する恐れを含んでいる経路だと言えます。
空気感染
これは空気中に漂っているウイルスが体内に侵入してしまうことで感染すると言う内容です。
生きている以上、呼吸を欠かすことはできません。
吸い込んだ空気の中にウイルスが潜んでいれば、そのままウイルスは体内への侵入し、感染してしまうと言うことです。
特に狭い室内においては、空気の流れが発生しにくいので空気感染は起こりやすいとされています。

つまりインフルエンザを予防するためには、この3つの種類の感染経路を絶つことが非常に効果的です。
そしてそれと同時、感染してもインフルエンザとして発症しにくい、免疫力、体力の高い体作りを心がけることも重要です。

インフルエンザの感染を防ぐ為に日常で取り組めること

感染を予防するために取り組めることですが、まずはマスクの着用です。
特にインフルエンザが流行しているシーズン時や、人混みの中に身を置かなければならない時などは、マスクを着用することがたいへん効果的です。
マスクでしっかりと鼻と口を覆うことで、そこからウイルスの侵入を防ぐことが可能となるためです。
飛沫感染は勿論ですが、不用意にウイルスが付着しているかもしれない手指で鼻や口を触れることを防ぐのにも効果を発揮することから、接触感染の予防に対しても効果が期待できます。
勿論、空気感染に対しても効果的です。

それから手洗いとうがいです。
人混みなどから帰宅した場合、たとえマスクをしていたとしてもどこにウイルスが付着しているかはわかりません。
もしかしたら、既に喉に付着してしまっている可能性も否定はできないものです。

しかしその際も、ウイルスが増殖する前に落としてしまえば、インフルエンザとして発症させるのを予防することは可能です。
そのためには帰宅後、速やかに丁寧な手洗いとうがいをすることが大切です。

更に湿度調節です。
これは特に空気感染の遮断に効果的です。
空気中に浮遊しているウイルスと言うのは、そこに湿気が付着すると、その重さで地面へと落下してしまいます。
そうすると感染するリスクは、空気中に浮遊している時よりもずいぶんと低くなります。
また湿度がある状態だと、ウイルスとしても壊れやすくなるため、やはり感染を防ぐにはとても効果的だと言えます。
室温が20度付近の場合、湿度が20%くらいだとウイルスは非常に活発になると言われており、逆に同じ室温でも湿度が50%以上になると、急激にその生存能力は低下すると言われているので、特に冬場、空気が乾燥している時期は、加湿器などを利用して湿度調節を行うことも予防のための対策です。

またもし、家族にインフルエンザの人がいる場合は、部屋や使用する食器類などを分けること、そして家の中であっても、家族全員がマスクをすることも感染拡大を防ぐためには必要なことです。