インフルエンザの男性とタミフル
インフルエンザが流行する季節は予防接種をする人やマスクをしたりなど対策方法は人それぞれですよね。インフルエンザ治療薬であるタミフルは実は予防にも使えるものであることを知らない方も多いのではないでしょうか?

タミフルは通販で購入しておくのが便利

タミフルは、日本国内では新型インフルエンザによるパンデミックによる夥しい数の感染者に対応する為に日本の全国民の45%以上に相当する量のタミフルが備蓄されていますが、医療機関の処方箋が必要な処方箋薬なのでドラッグストアや調剤薬局などでは購入する事が出来ない医薬品とされ、医療機関でインフルエンザへの感染が確認された時のみ処方箋を提示して購入する事が可能となります。

タミフルは、直接インフルエンザウイルスを死滅させる医薬効果は無いので、インフルエンザウイルスの急激な増殖がピークとなる発症から48時間以内に投与する必要があります。
発症から時間が経っていないほどインフルエンザウイルスの増殖抑制効果が高いので、通販で購入しておく事で医療機関で診察を受ける事無く使用でき、非常に便利です。
タミフルは、他の抗インフルエンザ薬とは用法用量が大きく異なり、1歳未満の乳幼児にも飲ます事の出来る粉薬のドライシロップタイプがあるので、特に子供のいる家庭では通販で購入しておくと便利です。

タミフルは、発症から48時間以上経過してからの投与は医薬効果が無いとされているので、通販で購入して常備薬としておく事でいつでもインフルエンザの発症に対応する事ができ、医療機関の診察を受ける必要が無いので診察代や調剤技術料などの医療費の節約になるだけで無く、発症初期に投与する事で症状の回復も早くなるメリットがあります。
タミフルは、インフルエンザ感染者との接触から48時間以内に投与を開始する事で感染率1.3%以下の予防効果が得られるとされ、感染者との接触から36時間以内に投与を開始すれば感染率は1%以下まで低下させられるとされていますが、予防治療は保険適用外となるので診察代や薬の価格、調剤技術料、薬学管理料など全てを自己負担する必要があり、経済的負担も大きくなります。
通販は、薬の価格と送料だけの費用で済むため、経済的負担が少ないので通販で購入しておくと非常に便利です。

タミフルの個人輸入サイト

通販で薬を購入する場合の注意点

タミフルは、現在では商業目的や譲渡目的で無く自分で使用する場合に限り医療機関の処方箋や医薬品等輸入報告書などを必要とせず、1カ月分に相当する医薬量の個人輸入や代行業者による通販が認可されていますが、悪質な業者や海外の業者の場合には本物のタミフルの保証が無く、有効な成分が含有されていないだけで無く有害物質が含有されている偽物が送られて来る可能性が高いので、信頼出来る国内の業者に依頼する必要があります。

インターネットでタミフルを調べる信頼出来る業者では、消費者の信頼を得る為に本物及び正規品である証拠の提示に加え、有害物質が含有されていない事や有効成分が含有されている事を示す専門の検査機関の成分表をインターネット上に掲載しているので購入前にしっかりと確認する必要があります。
通販で購入するタミフルは、効能や効果、用法用量、使用上の注意が英語で記載されている事が多く記載内容を正確に理解出来ないだけで無く、記載内容の整合性の確認や偽物か本物かの確認も出来ないので、日本語の用法用量の説明書を添付している業者に依頼した方が安心です。

タミフルは、日本国内で正規に流通している分に関しては医薬品医療機器等法に基づき品質や医薬効果の有効性、医薬品の安全性が確認され、医療機関の処方箋に従って処方されるタミフルも医療機関と調剤薬局などが品質と安全性を保証しているので、薬害に対しては医薬品副作用被害救済制度によって公的な救済が行われますが、個人輸入や代行業者による通販は医薬品医療機器等法の適用外である事から薬害による重大な健康被害に関しては医薬品副作用被害救済制度の適応外の自己責任となるので、信頼出来る業者で本物の保証付きのタミフルを購入する必要があります。